交通事故によるケガで保険適用されましたが後遺障害が残ってしまいました

2019-10-23

妻の話ですが、1年前に50ccバイク同士の事故で相手の過失が認められ年間の通院・通勤のためのタクシー代と医療費が保険適応となりました。ケガは膝でして、1年を超える今でも杖を使っています。タクシー代の保障と医療費の負担は評価できますが、後遺障害を認めないのは問題です。

知合いの弁護士に依頼し、後遺障害の保障を求める訴えを起こしました。

裁判所への訴訟になるかどうかは現在は不明ですが、相手の出方によっては訴訟になる恐れもあります。ケガの具合から考えても後遺障害がでることが明らかで、何故保険適応されないか疑問です。

1年を過ぎた今でも、妻は杖を使って通勤しています。明らかに後遺障害が残ってしまっているのに保障されないのは大いに疑問ですが、保険会社の見解は、一つの事故に適応される金額の上限が決まっているそうです。

依頼した弁護士がどのような考えを持ち、裁判所がどのような見解を出すか興味がありますが、負ったケガは治ることとはありません。

後遺障害認定後