症状固定と後遺障害

治療を継続していくとおおむね6ヶ月の段階で医師から症状固定に向けての話がなされます。症状固定とはこれ以上治療を継続しても今後の改善の見込みがないと判断されるということです。

症状固定になると以後の治療については自費で行わなければなりません。被害者の中には何が何でも治療を継続して症状固定にはさせないという方がいますが、改善が見られない場合には後遺障害認定作業を行って賠償へ進んでいく方が前向きな場合もあります。
後遺障害認定からその通知、その後の賠償など非常に長い道のりが待っています。ですから症状の改善がこれ以上は見られないと思ったら後遺障害認定に向けて切り替えた方がいいでしょう。

後遺障害認定を受けるためにはその診断書を医師に作成してもらい、それを相手方の保険会社に提出します。もしくは自分で診断書や必要な画像などを集めて直接自賠責保険の方に送ります。
後遺障害認定作業では、診断書やカルテ、画像などから総合的に判断されます。その後に通知が来ますが、この時に後遺障害認定されればその理由と等級を含めて知らされます。またその内容に対して納得がいかない場合には異議申し立てを行い、再度認定を依頼することも可能です。